Requires a javascript capable browser.

外装リフォーム専門店のガイソー金沢店

金沢店

0120-173-028 コロナウイルス感染症の対策について ガイソーについて はじめにお読みください 会社案内 スタッフ紹介 リフォームの流れ ガイソーのこだわり 手塗りローラー工法 バイオ高圧洗浄 リフォームメニュー 外壁塗装キャンペーン 外壁サイディング 屋根カバー工法 火災保険 メンテナンス 施工事例 お取り扱い商品
おすすめ外壁塗料
おすすめ屋根塗料
おすすめ外壁・屋根塗料
外壁サイディング
屋根カバー工法
お役立ちコラム お問い合わせ 見積り依頼★好評 来店予約★好評 資料請求 オンライン相談 メール相談 カンタン見積り君 外壁・屋根診断 雨漏り診断 ボランタリーチェーン加盟店募集 メニューを閉じる
住まいの外装リフォーム GAISO(ガイソー) トップコラム > 外壁塗料の最高グレード!無機塗料とは
外壁・屋根
リフォームコラム

外壁塗料の最高グレード!無機塗料とは

2021年05月25日
 

外壁塗料にはアクリル系、ウレタン系、シリコン系などの一般的に良く知られている有機塗料の他に、無機塗料と呼ばれている塗料があります。

そこで今回は無機塗料と有機塗料の違いや、無機塗料のメリットとデメリット、無機塗料の費用相場などを詳しくご紹介したいと思います。

無機塗料とは? 有機塗料との違い

一般的に良く知られている有機塗料にはアクリル、ウレタン、シリコンなどの樹脂成分が含まれていて、樹脂によって塗料の性能や耐久性、価格などに違いが生じます。
一方、無機塗料とはセラミックやケイ素などの無機物が主成分となっています。紫外線によって分解され退色や変色など、劣化の原因となる樹脂成分の使用が極力抑えられています。

例えば陶器や石、レンガなどの物質には炭素が含まれないため、物性の変化が乏しい物質と言えるですが、塗料もこのように物性の変化が乏しい無機物から出来ていれば、高耐久な塗料になり得るのです。
そのため無機塗料は有機塗料と比較して耐候性が高く、耐用年数が長い高性能な塗料として徐々に知られるようになってきました。

ただし無機塗料といっても有機物を全く含まないものは存在せず、塗料としての粘着性を持たせるための有機物が配合されています。
したがって一般的に無機塗料と呼ばれている塗料の中にも有機物が含まれており、中でも有機物が多めに含まれているものは「無機ハイブリット塗料」と呼ばれています。
そのため一概にはいえませんが無機ハイブリット塗料の方が、塗膜が柔らかくなる傾向があります。

サイディングやガルバリウム鋼板の外壁には、塗膜が固い性質の塗料は不向きな場合もあるので、無機塗料を選ぶ場合には注意が必要です。

しかし無機塗料においては無機物と有機物の割合に明確な決まりがないため、無機物が何%含まれていたら無機塗料と呼ばれるといった定義はありません。
そのため無機塗料と呼ばれるものでも有機物の割合が多くなるほど劣化しやすくなるという傾向があります。

中には質の悪い無機塗料も存在するので、塗料を選択する際には注意しましょう。


 

無機塗料のメリットとデメリット

塗料の劣化現象である色あせやチョーキング(塗装面を指で触った時に白い粉がつくこと)は、有機物の顔料が劣化することにより起こります。
したがって有機物の含有量が少ない無機塗料ほどチョーキングなどの劣化が起こりにくく、塗膜が長持ちして耐久性が高くなります。

しかし無機塗料には他にも様々なメリットがある反面で、デメリットもあります。
無機塗料のメリットとデメリットは下記のとおりです。

〇無機塗料のメリット
・塗膜が長持ちして耐久性が高い
・親水性が高いため、汚れを浮かび上がらせ雨水で洗い流すセルフクリーニング機能がある
・無機物が含まれているため、有機塗料と比較して燃えにくい性質がある
・変色しにくく、塗装直後の色合いを長期間に渡って保持することができる
・塗装面にカビやコケの栄養分となる有機物の含有量が少ないため、カビやコケが発生しにくい

△無機塗料のデメリット
・主成分が無機物で塗膜が固くなるため、地震や台風などで建物が大きく揺れた場合には塗装面にひび割れが発生しやすい
・塗膜が固くなるため収縮性の高い木材との相性が悪く、木製の素材には塗装することができない
・艶消しがなく、5分ツヤと3分ツヤまでの調整になる
・一定の厚みで塗らなければ十分な効果を発揮することができないため、職人の技術力が重要になる
・一般的な有機塗料よりも価格相場が高い
・メーカー、商品によって品質に幅がある

無機塗料の最大のメリットは雨や紫外線の影響を受けにくく塗装面を長期間に渡って保護することにありますが、他にも低汚染性、防汚性、不燃性に優れているといったメリットがあります。
一方、塗膜が固くなるため、外壁表面がひび割れした場合には塗膜も一緒にひび割れを起こしてしまう恐れがあるのも否めません。

ひび割れが気になる場合には弾性力が高い無機塗料を使うといった方法もあるので、商品情報を比較して検討してみると良いでしょう。

また一般的な有機塗料よりも価格が高くなるのもデメリットと言えます。

その他には、外壁だけでなくその他の付帯部分(雨樋、水切り、木部等)やシーリングも耐久性の高い材質のもので仕上げなければ部分的な劣化が生じてしまうので、外壁リフォームを検討の際にはこの点にも注意しましょう。

無機塗料の費用相場

無機塗料の費用相場は有機塗料と比較すると、どの程度割高になるのでしょうか。
一般的な有機塗料の1㎡あたりの単価は、アクリル塗料が1,200円~1,600円、ウレタン塗料が1,800円~2,500円、シリコン塗料が2,300円~3,000円になるのに対して、無機塗料は4,500円~5,500円程度となるのが一般的です。

現在外壁や屋根の塗り替えに多く使われているシリコン塗料と比較して、1㎡あたり2,000円~2,500円程度の差があり、およそ2倍近くになります。
また耐久性が高いことで知られているフッ素塗料(1㎡あたり3,500円~5,000円)、光触媒塗料(1㎡あたり4,000円~5,000円)などの特殊な塗料と比較しても高額になる傾向があります。

ですが、無機塗料には20年~25年の耐久性があるといわれているので、現在主流のシリコン塗料の2倍ほど長持ちします。
これは余談ですが、塗装業者の中には「無機塗料には30年以上の耐久性がある」という業者もいますが、これはあまり信用しない方が良いでしょう。

しかし現在の塗料の中では耐久年数が長いことは疑う余地もなく、耐久年数が長くなることで、今後30~40年の長い期間を考慮した場合には塗り替えメンテナンスの回数を減らすことができます。

したがって無機塗料を使うことは、メンテナンスのトータルコストを軽減できる可能性が高い!といえるでしょう。

まとめ

無機塗料は非常に耐候性が高く、現在流通している塗料の中では最も長持ちする塗料のひとつと言えます。
しかしひび割れしやすい、価格が高い、同じ無機塗料といってもメーカーや商品ごとに大きな性能差があるなどといったデメリットもあるので、商品ごとの特性をしっかりと理解した上で塗料選びをすることが大切です。

また無機塗料にはほかの塗料と同じように、塗装することができない外壁もあります。
今後様々な種類の無機塗料が開発・販売されていくと思いますが、現時点では木質壁などの塗装できないものがあるということを知っておきましょう。


来店予約 実際に商品が見たい、相談がしたい方はコチラ! ご来店予約でQUOカード1,000円分プレゼント!
お見積依頼 お見積もりはもちろん無料。まずはご予算を知りたい方はコチラ! 外装リフォーム専門家ならではのプランをご提案!